会社名 トレンドクレカ
URL http://trendcreca.com
創立 2006年5月
住所 東京都港区西新橋1丁目10-7
業務内容 キャッシュバック付オリジナル商品の販売
取引銀行(15時まで入金可能) すべての銀行に対応
取引銀行(24時間取引可能) ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行

トレンドクレカの特徴

トレンドクレカの特徴

トレンドクレカは自社のサイトに「お客様第一主義の営業方針を徹底」と表記してあります。

これは利用者である私達を安心させる為についた嘘なのか、それとも本当に利用者を優先した現金化サービスを心がけているのでしょうか?

そこの意識も確かめつつトレンドクレカの現金化サービスを調査していこうと思います。

それではトレンドクレカのサービス内容を調査していきましょう。

トレンドクレカの換金率

トレンドクレカの換金率

トレンドクレカの最高換金率は98%と言われていますが現金化を利用した人は知っているでしょう。

この換金率が必ず適用されるものではないということを。

そうなんです。

この現金化の最大換金率は現金化を利用する上でほぼ100%適用される事はありません。

その理由は現金化業者の利益的問題にあります。

例えばトレンドクレカの換金率は98%ですが、この換金率で現金化をした場合業者の取り分は、現金化利用額の2%です。

現金化の利用金額にもよりますが、2%では会社として経営をしていくことが困難というよりは不可能です。

現金化と言うものは一日、一ヶ月でそこまでもう押し込みが入るものではありません。

この現金化という方法自体が常時利用するシステムではないからです。

あくまでも緊急用、最後の手段というような方法ですね。

そんな中、一回の申し込みで利用される現金化の額はせいぜい5万~10万円がいいところでしょう。

10万円の申し込みが毎日1件来たとしても、2千円×30日=6万円ですね。

コンビニでバイトしたほうがまだ稼げます。

仮に10万円の申し込みが毎日5件来ても30万円の利益しかありません。

「結構稼げてるじゃん」と思ってはいけませんよ?

ここから会社の家賃・光熱費・給料の支払いをしなければいけませんが、30万円では家賃と光熱費を払ってほとんどが消えてしまいます。

その為、最大換金率での現金化は適用されないんです。

トレンドクレカ現金化時の換金率

トレンドクレカ現金化の時の換金率

ではトレンドクレカはどのように現金化を行っているのでしょうか?

方法は1つ、換金率を下げて自社の利益を上げつることです。

換金率が下がることは仕方ない事。

しかし、換金率はどのくらい落ちるのかが気になりますよね。

トレンドクレカに限らず、換金率は大体75%~80%となっていることが多いです。

これは業界金率と言われていて、現金化を利用すると基本的にこの換金率で現金化を行っています。

トレンドクレカも現金化業界の平均換金率なのか、といいますと違います。

ここがトレンドクレカの評判の秘密なんです、現金化業界の平均換金率よりも高い換金率を兼ね備えているんです。

トレンドクレカの換金率は85%前後と言われいるんです。

現金化業界の平均換金率よりも5%高い換金率を提示しているんです。

トレンドクレカが評判な理由が何かわかったような気がしますね。

初めての利用者に親切なガイド

トレンドクレカ親切なガイド

現金化というものは知らない人がいて当たり前の方法です。

トレンドクレカはそんな利用者の為にサイト内にクレジットカード現金化について詳しく書いた記事を掲載しています。

現金化を利用している人が書いている記事もわかりやすくはあります。

業者が自ら書いている記事の内容は初めての人にも読みやすいように要点がまとめて書いてあります。

現金化についてサイト内で詳しく書いている業者は珍しく、初めて現金化を利用する人も十分利用しやすい状況を作っている事がよくわかる作りになっています。

このようなところにもトレンドクレカがモットーにしている「お客様第一主義の営業方針を徹底」という物が見えてきます。

トレンドクレカは利用者を大切にする業者

トレンドクレカは利用者を大切にする業者

以上がトレンドクレカの現金化サービスの詳細になります。

換金率は現金化業者の平均を超えているのは、最初にお話したように「換金率をあげれる」業者はそうそういません。

利益に関わる問題ですからね。

その換金率を上げれるトレンドクレカは優良業者と言っても過言ではないでしょう。

現金化をご利用の際はぜひトレンドクレカを利用してみてはいかかがでしょうか?

トレンドクレカの申し込み

業者評価: 4