クレジットカード現金化にはどうしても『悪質だ!』というイメージが多いかもしれません。

この悪質というイメージ、実は間違いではありません。
今回はこの現金化業者の悪質と言われるサービスの内容を暴いて見たいと思います。

悪質の現金化サービスとは?

悪質の現金化サービスとは?

現金化業者の悪質なサービスですが、これからお話する事は本当にあった現金化の悪質サービスの話です。
この記事を見ていただいて少しでも現金化の被害を抑えられれば幸いに思います。

怒声の響く現金化業者

怒声の響く現金化業者

これはとある業者を利用したMさんのから聞いたお話です。

Mさんは近日中に2万~3万円がどうしても必要になった為、現金化のサービスを利用しようとしていました。
その際に換金率の高い現金化業者を利用したいと思いたくさんの業者に申込みをしては換金率を聞きだし、納得がいかず断りを入れていました。

数十社目に差し掛かった時です。

電話に出た現金化業者の対応は丁寧だったそうですが、カードの情報を教えてくれなければ換金率は教えられない。との一点張りだったそうです。
しかし、換金率がどうしても知りたいMさんはずっと換金率について聞き続けていたようです。

何回目かの換金率を聞いた時に事件が起きました。
電話口の向こうから聞こえてきたのは、先程までの丁寧な言葉ではなく『舌打ち』だったそうです。

そこから業者の態度が急変しました。

更に『なんなの?冷やかしなのか?!』という怒鳴り声が返ってくる始末。

Mさんは訳が分らなくなり電話を切る事も返事をする事も出来なかったそうです。

その後も業者から『結局すんの?しないの?ハッキリしろや!』などと数回怒鳴られたMさんは謝る事しか出来なかったそうです。
最終的に電話は現金化業者が一方的に切って終わりという結果に。

この出来事以降、現金化を利用しようとする度に、あの日の怒鳴り声を思い出し換金率もろくに聞けなくなってしまったとの事です。

実際に起こる逆切れ対応

実際に起こる逆切れ対応

クレジットカード現金化を利用した事がある方は分るかもしれませんが、このように現金化利用者に怒鳴る業者は極稀な現象となっています。
時折、不機嫌な業者や、やる気のない業者は見かけますが、利用者に向かい怒鳴り散らすという行為を行うのは珍しく、聞いた時は驚きを隠せませんでした。

他にも悪質なサービスを働く業者は数多く存在しています。

  1. 現金を振り込まない
  2. 換金率を大幅に下げる
  3. 個人情報を悪用される

悪質現金化業者には気をつける

悪質現金化業者には気をつける

現金化業者には先程お話したような悪質の現金化業者は多く存在しています。
怒鳴られるなんて被害はまだまだ序の口に感じるような悪質なサービスにも注意しなければいけません。

しかし、そこで優良の現金化業者を利用するにはそれなりの準備と知識が必要になりますよね?

そこで予め優良と言われる現金化業者をランキングにして掲載してありますので、こちらを参考にご覧ください。