クレジットカード現金化の注意点、利用停止の罠!

クレジットカード現金化の注意点

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法・・・これはものすごく便利なシステムだと思いませんか?
現金が旅行先で切れてしまっても、急に明日現金が必要になってもクレジットカードの現金化を知っていればそんなピンチも全然大丈夫なんです!
頼もしいですねカードの現金化

 

まるでピンチの時、すぐに駆けつけてくれるアンパンマンみたい!

 

しかし、そんな頼もしい現金化にも弱点がありました・・・!

 

カード利用停止の危険性が大きい

カード利用停止の危険

 

クレジットカードとは、カード会社にその商品分のお金を借りて代金をお支払いするという形式の支払い方法です。
では、クレジットカードが利用停止になるまでのながれを図で見ていきましょう。

 

新幹線の回数券を買った場合の状況を例としてご説明させていただきます。

 

図1をご覧下さい。

図1

クレジットカードで新幹線の回数券を購入する

高額なで換金率の高い商品を購入したことによりカード会社が不思議に思う。

現金化の疑いによりカードの利用を止められる。

次の月カードの未請求料金が一気に請求される。

 

このようにクレジットカードが止まって使えなくなるだけではなく、未払分の支払いが一気に請求されてしまいます。

 

指定席の回数券は東京〜博多の回数券だと約13万円なので、クレジットカードの支払いが10万をかんたんに超えてしまうような大変な事態になってしまいます。
これでは現金化をした意味がまったくありません。

 

今月が金銭的に大変だからとお金を作ったのに、その額以上の請求がきてしまい払うことができない。そんな未来とこんにちわです。

 

利用停止につながってしまう現金化とその理由

自分でやる現金化がダメな理由

 

自分でやる現金化では買った物を売って現金化していました。
ここに大きな問題があったのです。

 

実は私、最初の文で「クレジットカードとは、カード会社にその商品分のお金を借りて代金をお支払いするという形式の支払い方法です。」と書いているのですが、その言葉の通り、カード会社からお金を借りて買っているんです。

 

 

借りた物は返しましょう。これは小学生の時、先生に口を酸っぱくして散々言われてきたことですね。
そう、返さなければいけないんです。

 

なのに図1では返すどころか売ってしまっています、これは酷い。

 

「いやいや、ちゃんと後で返すから!」と思っている方もいるかもしれません。

 

カード会社からすれば、貸したお金で買った商品が手元に無いのがもう既に大問題なのです。
買った現物も手元にない、これはもうお金を貸したら帰ってこないんじゃない?って思っちゃいますよね。

 

カード会社は特に「やっぱり返せません」となってしまった方をたくさん見てきているわけですから敏感にもなります。

 

過去に何回もお金を貸して踏み倒されていたら、もう貸したく無くなりますよね?

 

カード会社もそのように思ってしまうものなのです。

 

「へぇ〜、じゃあ適当に探して業者に頼もうかなー。」

 

ちょっと待ってください!
現金化業者でも商品買取方式の業者だとカードは利用停止の危険性があります!

「じゃあカードの現金化って意味ないじゃん!」

 

大丈夫です、安心してください!

 

現金化業者とはいいましたが、なんと・・・商品買取方式とは別の現金化業者があるのさっ!!

 

『『『な、なんだってー?!』』』

 

粗業者は、カードが利用停止にならず現金化をしてくれる業者・・・その業者に頼めばカードの利用停止を避けて現金化をすることが可能だって寸法さっ!

 

ではその現金化の仕組みを見ていきましょう。

 

キャシュバック方式の現金化までの流れ

 

現金化業者の現金化までの流れ

 

キャッシュバック方式という方法でクレジットカードを現金化してくれる業者がいます。
その人達にカードの現金化をお願いすることによって、カードが利用停止になることなく現金化をする事ができます。

 

ではどのような現金化なのでしょうか?

 

図2を見てみましょう。

図2

現金化業者へ申し込み手続きをする

業者から指定された商品を購入する

業者が商品の購入を確認する

現金が口座に振込まれる

後日お客様の元に商品が届く

 

以上のようにして現金が振り込まれます。

 

「どこが違うの?」と思われる方がほとんどですよね。
確かに手順はだいたい一緒なのですが、中身がアンパンマンとカレーパンマンぐらい大きく違ってくるのです。

 

その中身とはこちらです。

 

キャッシュバック方式と自分でやる現金化の違い

現金化の中身の違い

 

では、図2は何が違うのかというお話ですが、カード会社からお金を借りて物を買うところまでは一緒です。

 

ここから少し変わってきます。

 

現金化業者を通す事によって、商品を買ってくれたお礼にお客様へ特典が送られます。

 

この特典がカード利用停止の防止の秘密となるのです。

 

例えば、レンタルビデオ店でDVDを借りた時に特典としてクーポン券が付いて来たりした事はありませんか?

 

あのクーポン券はDVDを返す時に返さなければならない物ではありませんよね?

 

なんなら捨ててしまってもいいまであります。

 

それが特典です。
特典はあなたに送られたもの、あなたが使おうが捨てようが自由にしていいものなのです。

 

段々と現金化業者のシステムが分かってきましたか?

 

簡単に説明すると、現金化業者の指定する商品を買うことで商品と特典があなたの手元に届くわけです。
ここで商品と現金化のお金って別で発生するの?という疑問が生じるかもしれませんが、現金化する値段が商品の値段なので。

 

特典はあくまでも買ってくれたお礼の品という扱いなのです。

 

まとめ

カード現金化の注意点_まとめ

 

クレジットカードの現金化は便利ですがやり方を間違えると悲惨なことになってしまいます。

 

ここでもう1つの注意点が、カードの現金化はお金を貰う事ではなくあくまで未来に稼ぐお金の前借りです。
現金化はお金を使っている感覚が薄くなり使いすぎてしまう傾向にあります。
無計画でお金をバンバン借りてしまうと、後で悲惨な目に遭うのは自分自身だということを肝に銘じて計画性のあるご利用をオススメいたします

 

以上のことを踏まえた上で、カードの現金化は業者の方にお願いするのが1番安全で確実だということが言えるでしょう!

 

そんな現金化業者の優良店のみを集め、順位付けしたサイトがあります。
現金化をお考えの方、何かあった時のために調べておきたい方はぜひご覧下さい!

 

 

カード現金化の注意点_まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
最終更新日/2017/03/07

関連ページ

利用する前に残高確認を!クレジットカード現金化の注意点
クレジットカード現金化を利用する前はショッピング枠残高を確認しましょう。それはショッピング枠残高によってご自身が受け取る現金を把握することができるからです。
現金化は換金率だけで業者を選ぶと危険!
クレジットカード現金化をするなら一番気になるのが換金率でありますが、お取引業者を換金率だけで選定しないことが良いでしょう。
クレジットカード現金化を利用するならネットバンクを用意しよう
クレジットカード現金化ではどの銀行口座へでもお振込み可能ですが、ネットバンクを活用されますと更に便利に利用することができます。
現金化業者の選定の際、会社概要を見てから契約を決めること
クレジットカード現金化業者とお取引をする時は公式ホームページの会社概要を見ることも忘れないでください。ちゃんと記載がない場合は悪質店の可能性もあります。
クレジットカードを行う際の商品の受取方法を確認すること
クレジットカード現金化業者とお取引をする際に商品の受取方法を確認してください。商品自体がない現金化業者とのお取引は避けてください。
現金化業者のプランを有効に活用すると良いことがあるかも
クレジットカード現金化では即日プランが大変人気があります。けれども、せっかく利用するのであればプランを有効的に活用して高換金率で取引をしてみてください。
クレジットカードの現金化って必要なのか?
『クレジットカードの現金化』名前だけ聞くと確かになんでそんな事をするの?と疑問を浮かべる方もいるかと思います。そんな方に『現金化』の必要な時の事例と今の社会の落とし穴についてご説明します。