現金化という言葉を聞いた時、思いつくものはなんでしょうか?
この言葉を知っている方は基本的には【クレジットカード現金化】の事を思い浮かべる事が多いかと思います。

しかし、現金化という言葉の意味は【クレジットカード現金化】に限ったことではありません。
自分の身の回りの物を売っても現金化という行為に換わりはないのです。

そこで今回ご紹介するのはプリペイドカードの中身を現金に変える方法です。
このプリペイドカードの現金化方法はクレジットカードの現金化方法とどう違ってくるのでしょうか?

この二つの現金化を比較してみました。

プリペイドカード現金化の方法

プリペイドカード現金化の方法

まずはこのプリペイドカードの現金化方法をご紹介させていただきます。

クレジットカード現金化と基本的な手段は同じです。

極論を言ってしまえば、信頼性のあるプリペイドカードはクレジットカード現金化業者を利用し中身を取り出す事も可能なのです。
現金化方式の一つキャッシュバック方式を利用した現金化ではプリペイドカードを切る事が出来ない場合が多いため、あまりオススメできない事も事実です。

そこでまずは、アマゾンギフト券の現金化方法を採用している業者を試して見るのもありかも知れませんね。

アマゾンギフト券を利用した現金化方法とは?

  • プリペイドカードを利用してアマゾンギフト券を購入
  • 購入したアマゾンギフト券を現金化業者に送る
  • アマゾンギフト券のから何%か差し引かれた金額が口座に入金される
  • 以上が一連の方法になります。

    簡単に説明させていただきますと、プリペイドカードで商品を購入して購入した商品を業者に買い取ってもらうという現金化方法になります。
    現金化業界では商品買取り方式という名前で通っています。

    どちらの現金化方法を利用した方が得なのか?

    どちらの現金化方法を利用した方が得なのか?

    以上の行程でプリペイドカードでも現金化を利用する事が出来るという事がわかりました。
    では、実際にプリペイドカードでの現金化とクレジットカードでの現金化、どちらを利用した方が総合的に得なのでしょうか?

    それぞれの利点と欠点を確認していってみたいと思います。

    プリペイドカードの利点

    プリペイドカードの利点

    プリペイドカードは現金をチャージし、チャージした分の金額の買い物を利用できるというカードです。

    このカードの利点は、買い物に利用する金額に制限を掛けれる。という所にあります。
    自分の欲しい物に関して歯止めの利かない方はそう少なくはありません。

    プリペイドカードに予め現金をチャージしておけば残高がなくなってしまった時、自動的にストップがかかるという事になる訳です。
    更にチャージの方法は現金だけではなく携帯のキャリア決済などからも可能な事が多い為、現金を持ち合わせていなくても追加でチャージをする事が可能なところも利便性があると言えるでしょう。

    欠点


    チャージをしなければプリペイドカードはただのプラスチック版と化してしまいます。
    現金でチャージをした場合、現金化手数料などでいくらかの額が引かれてしまうのでお得とは言えません。

    携帯のキャリア決済でチャージを行うことは確かに可能ではありますが、限度額は最高10万までなので10万円以上の現金化を行いたい方には無意味な方法となってしまう事は言うまでもありません。

    クレジットカードの利点

    クレジットカードの利点

    クレジットカードはカード会社と相談した上で利用限度額を設定し、その設定された利用限度額内の買い物をカードで利用する事が出来るというカードです。

    プリペイドカードと違いチャージをしなくても年収の1/3の金額が利用できる為、現金を持ち合わせていなくても高額の買い物を難無く行う事が出来るのです。
    その為、高額な現金が必要になった時はクレジットカードで現金化を行う利用者が大半の割合を占めています。

    現金化方式も入金までに時間のかからないキャッシュバック方式という現金化方法を利用する事が出来る為、しっかりとした現金化業者を選ぶことで入金までの時間を大幅に短縮する事が出来ます。

    欠点


    クレジットカードのサービスは自分の所持金を上回る買い物をする事が出来ますが、当然ではありますがSuica利用した分のお金は必ず支払わなければいけません
    利用しようと思えば限度額を全て使いきる事も可能なサービスの為、利用際には自己管理能力が必要となります。
    最大の欠点は現金化はクレジットカード会社の規約で違反とされる行為に当たります。
    その為、現金化業者に現金化を利用した事が発覚した場合、即刻クレジットカードの利用停止になってしまう危険性があるのもクレジットカード現金化の欠点と言えるでしょう。

    現金化方法の比較結果

    現金化方法の比較結果

    以上がプリペイドカードとクレジットカードの利点と欠点になります。
    結果、どちらの方がお得なのかといいますとクレジットカード現金化の方が総合的にお得と言えるでしょう。

    その理由は、現金化出来る金額の多さと入金までに掛かる時間の短縮に長けているからです。

    プリペイドカードの現金化はそこまで悪いものではありません。
    しかし、限度額が小さいという事と商品買取り方式の現金化は業者と商品のやり取りを行う時間が必要な為、キャッシュバック方式よりも時間がかかってしまいます。

    その為、総合的にクレジットカード現金化に比べて手に出来る金額と入金されるまでの時間の面で劣っているという認識になってしまうのです。
    以上の事から現金化を利用するのであればクレジットカード現金化を利用した方が総合的にお得という事が解りました。

    当然ではありますが、どちらの現金化も優良の現金化業者を利用する事が大前提での比較結果となっています。

    現金化を行う前には必ず優良の現金化業者の選抜からはじめるようにしましょう。

    優良の現金化業者が解らない方はこちらの現金化業者ランキングを参考にしてください。