『現金が無い!』もしくは『欲しい!』と思った時、とりあえず身の回りの商品や物を見回して何か売ってもいい物を探したりするのではないでしょうか?
でも何が高いか分らないし、何を売ればいいのか分らないという方は多いはずです。

今回はそんな悩みを抱えている方必見の効率がいい家電現金化をお教えいたします。

家電選びは重要

家電選びは重要

まず家電を売るという行為は二通りに分かれます。

  • 所持している家電を売る場合
  • 新しく家電を購入して売る場合

この2つに分かれるのですが、簡潔に話が終わる所持している家電を売る方法からご説明させていただきましょう。

所持している家電を売る場合

所持している家電を売る場合

まず目を付けるのは製造年月の若い家電を見つけましょう。
つまり発売からそこまで比が経っていない家電ですね。

新品に近ければ近い程、買取価格は安定しています。
今尚人気があればいう事なしですね。

しかし、新品のものは基本的に必要だから購入した物も多く、『売ったら困る』というような状況になる方は多いでしょう。

その時、どのぐらいの重要性でお金が必要なのかを冷静に見極めて売却するようにしましょう。

季節関連の物を売る

季節関連の物を売る

これはどういう事なのか?というと、例えばストーブです。
ストーブは基本的に冬しか使わないですよね?

ならば、いま現在なう。で必要な物ではありません。
一時的に手放す事で現金を得るという、質屋のような戦法を利用するのも1つの手です。

注意する事は、限定性の高い商品だと買い戻したりするのはまず不可能なので、量産型が高く、質のいい家電を売るようにしましょう。

ある特定の世界で必要とされる家電を売る

ある特定の世界で必要とされる家電を売る

趣味』にはお金を掛けるものもです。
当然お金が掛からない趣味もありますがお金が掛かる趣味も少なからず存在します。

例えば、音楽です。
ギターにアンプ、マイクや電子ドラムなどなど、需要が高い分正常に起動すれば多少の痛みや汚れで買値が下がる事はありません。

更に電車や徒歩での持ち運びが可能なものが多いので、売りに行く際も冷蔵庫や電子レンジなどと比べて比較的楽となっています。
まさに現金化には持って来いの商品ですね。

しかし、この手の商品は自分が全力を注いでいる趣味だったり夢だったりに必要な物の場合が多い傾向にあります。
『音楽をやっててお金が無い』でその機材を売ってお金を作っても本末転倒ですよね?

その為、この手の商品を売って現金を手にする方はそうそう居ません。

所持品の現金化は難しい

所持品の現金化は難しい

以上の結果から所持品の現金化は精神的な面で難しい場合が良くあります。

そんな時が、クレジットカードを利用した商品の現金化なのです。

クレジットカードを利用した商品の現金化

クレジットカードを利用した商品の現金化

この方法はクレジットカードで商品を購入して中古ショップに売りに行くという方法で現金化を行います。

これならば音楽をやっていない人がギターを購入して売ることも可能ですよね?
では、現金化にオススメの3つの商品をご紹介させていただきます。

電子ゲーム機

電子ゲーム機
最近では、ゲーム機本体が4万以上する事が当たり前になってきました。
当然安く購入したい!と考えている人も多いかと思います。

その為、リサイクルショップも買取を強化している場合が多く、高めに値段設定をしている店舗も多いのです。
商品にもよりますが持ち運びが便利ですし、ほとんどのリサイクルショップで売る事が可能なので困らない。というのも利点の一つといえます。

楽器関連

楽器関連
楽器は持ち運ぶ事が出来る割にギター1本10万円以上などの価格が付く場合が在ります。
その為、持ち運びが便利なのがメリットな商品となっています。

しかし、売りに出すリサイクルショップによっての値段の増加が激しいので売りに出す際は注意が必要です。
予め、ギターに詳しい友人やショップの店員さんに相談して見るのも1つの手かもしれません。

デジタルカメラ

デジタルカメラ
海外で盗まれる可能性の高い商品でもあるデジタルカメラは、本格的にやっている人だと本体やパーツを合わせて100万円を超えたりもする程、パーツだけでも20万円を超えるデジタルカメラです。
話では本体よりもレンズの方が高く値崩れしない商品となっています。

カメラのレンズは相当精密に作られるものなので、大量生産を行う事が出来ません。
その為、中古だろうとなんだろうと品数が少ない為高値での取引を行う事が可能となっているのです。

家電現金化のデメリット

家電現金化のデメリット
簡単な行為のようにご紹介してきた家電の現金化は魚や果物、野菜のように旬な時期が存在しています。
同じ用に家電商品の買い取りも、新商品であればいいという事ではないのです。

その商品が発売する前の話題性や発売後の人気などを調査し、今現在の評価と買取相場を調査しなければいけません。

当然リサイクルショップによっても買取額は違ってきます。
更にいま現在、リサイクルショップは新品商品の買取りを行う事が出来ません。
なので商品を新品で売りに出す場合、一度開封したりしてワザと中古にする手間が必要になるのです。

リサイクルショップ側も自店の利益が掛かっていますので、当然値段を落としてきますので単価の高い商品を購入しても換金率良く現金化出来るという保証はありません。

半額以下での買取は覚悟した方がいいでしょう。
どうせクレジットカードを利用するならば現金化業者を利用した方が何倍もいいと言えませんか?

クレジットカード現金化業者とは?

クレジットカード現金化業者とは?

クレジットカード現金化業者とは、クレジットカードで商品を購入してもらったりする事で現金を利用者に提供するサービスを行っている業者の事を言います。

この業者の換金率は平均75%となっていて、優良の業者なのであれば80%にもなると言われています。
更に良い点は、家でもどこでも利用する事が可能なサービスなので商品を購入してリサイクルショップを探す必要がありません。

申込みをして現金化をして、現金を入金されるの待つだけ。これが現金化業者のサービスの全容です。

もしこのサービスに興味がある方は、こちらの記事を参考にご覧ください。